わくわくさぬきちブログ

メンターから教わった『幸せに豊かに生きる方法』や『大好きな事をしながら稼ぐ方法』について。たまにヒッチハイクの旅やチャレンジした事についての内容も紹介します。

【運をよくする〇〇について】

f:id:sanukichi22:20171103193756j:plain

先日、メンターから

運を良くする方法について教わりました!!

 

ビジネスの話かと思いきや、

まさかの

「風水」について。

 

でも、お金持ちの人ほど

風水や気の流れを

大切にされてる方が多いんです!

 

とても衝撃的ですぐに役に立つ

内容だったのでシェアしますね(^^)

 

 

風水という字を分解すると

 

風は「空気」のことで、
水は「水質」のこと。

つまり、風水でいうところの
「いい場所」というのは

【空気と水質がいいところ】
なんです。

じゃあ、どんなところが空気と水が
いいところかというと
「自然」です。

という事は、いかに日常の空間の中に
「自然で気持ちがいい快適空間を

作るか?」
というのが風水の本質的なテーマなんです。


何か、問題が起きたり、
具合が悪くなったりするのは、
不自然だったり、不快だから。

そんな時、風水的には

どういう対策をしたらいいんでしょうか?

めちゃくちゃカンタンに言うと
「空気の入れ替え」

をすることです。

で、風水的に言うと、空気の入れ替えは
辰の時刻、つまり朝7時から9時の間。

この時間に空気の入れ替えをすると、
夜の陰の気と

朝の陽の気が

うまく入れ替わって、気の流れが良くなります。

 

これを聞いてから毎日朝起きたら窓を開けて約10分空気の入れ替えをしています。

これだけで気の流れを良くすることが

できるんです。


また、家の中の気の流れ

水質を良くする方法として

最も効果が高いことは

「掃除」です。


整理、整頓、掃除をすることで
いい空気や、水の流れが良くなって
水質が上がるので、場が清められます。

きれいな場所で過ごすことは
ココロやカラダを心地よくして、
心身の「気の流れ」を整えます。

運気のいい状態とは「流れのいい状態」のこと。
不運とは、『滞りを感じている状態』のことです。


キレイなものとか、ステキな風景、
楽しいものに触れていると、私たちは
「いい気持ち」になりますよね。

逆に、臭い、汚い、暗い・・
そういうものに触れていると、
「嫌な気持ち」になりますよね。


だから、風水は、そういった影響力を
「意図的」に使って、空間や状態などの
「場」の情報を整えることで
「心」と「脳」をいい感じにしますよ!
っていう「技の一種」なんですね(^ ^)

だから、五感的にいいもの。
視覚
聴覚
嗅覚
味覚
触覚


これを整えれば気が良くなるし、
乱れていれば、潜在的にその
気の悪さをずーっと受けてしまう。

つまり、ストレスがたまって、
体を壊したり、気持ちが沈んだりする。

ということはですよ?

普段散らかっている部屋、
空気の悪い状態、ホコリやゴミ、
食べかすが散らかって変な匂い。

こういう潜在的に受け取る情報って
脳の中でとんでもなく影響を受けて、
ヤル気を失ってしまったり、
ストレスを溜めてしまったりする・・

それも、気づかないうちに、です。

だから、その繰り返される
たくさんの無意識の情報処理を
普段からいることが多い空間からでも
「いい気」に満たしていけば、

人間関係、健康、お金を生むための
「行動モチベーション」など、
すべての面で人生が好転し始める。

だから、掃除が大切なんです。

 


ちょっとおもしろい話をします。

家の中の空間と、体の臓器は影響しあいます。笑



例えば、

トイレは「排泄の場」だから
「腎臓とか膀胱」

ダイニングは「食事する場」
だから 「胃や腸」

リビングとバスルーム
「解毒とリラックスの場」だから「肝臓」

寝室は「休息と体のバランスを整える場」
だから「心臓」

玄関は「内なる方向性と・外とつながりの場」
だから「」とか「

空間デザインは「感性を刺激する」
だから「右脳」


玄関を整えて明るくして、
靴を揃えたり、物を減らしたりすると、
脳が活性化したりする。

 

ということは、
空間を意識的にデザインしたり

掃除してキレイにすることで

気の流れを変える事ができるんです。


で、最後に「気の流れ」と
「陰と陽」について

なんですが

「気」っていう言葉がつく漢字って
いろいろありますよね?

 

元気
勇気
雰囲気
活気
気合い
やる気
気持ち
不景気

・・・

これって普段よく使う言葉や漢字ですよね。

 

でも、これって目に見えなくないですか。

実は「エネルギー」なんですよね。


だから、目に見えない。
でも「感じる」ことができますよね。

「気」のつく言葉って

普段からよく使っているということは

見えないけど感じまくってるんですよね。

だからこそ、気の流れを良くするって

大切なことですよね。

それから、以外とこれが知られて
いないことなんですが、
すべてを「陽」だけにしてもよくない。

★陰: 闇、黒、落ち着き、安定、女性、沈静
★陽: 光、白、活気、発展、男性、活性

で、このバランスを
陰3:陽7に整えるといい。

陽に傾きすぎても、男性エネルギーが
高くなりすぎて怒りっぽくなったり、
攻撃的になってしまいます。

用途に分けて、この陰陽を
コントロールする場を作れると
「眠りを深くする場」を作れたり。

こういうバランスをとると、
住むのに気持ちがいい、流れがいい、
場所にすることができるんですね。

空気の入れ替えに

掃除

家の特定の場所の掃除や模様替えをしてみる事で

気の流れを変えれるかもしれませんよ(^^)

 

是非試してみて下さい!!

 

 

さぬきち(^^) 

 

 

ちなみに、私のメンターが起業する前に

メンターから教わった事を

ストーリーにして書いた物語です(^^)

↓↓

年収3億円の美人女子大生メンターの教え

storys.jp