心から大好きな事・わくわくする事をして、自分らしく輝いて生きる!!

大好きな事・わくわくすることをして、幸せに成幸しているメンター達から教わった『大好きな事・わくわくする事をして、自分らしく輝いて生きる方法』についてや、さぬきちが実践して感じた事について。ヒッチハイクの旅やチャレンジした事についての内容など。

自分らしく生きていきたい人に知っておいてほしい「ありのまま」と「わがまま」の違いについて

f:id:sanukichi22:20181010062428j:plain

 

こんにちは!

 

最近、夕方になると

秋の夕空ばかり見ている

あなたらしさの案内人

さぬきちです(^^)

 

さて今日は、

自分らしく「ありのまま」で

生きていきたいけど、

 

でも、それって

「わがまま」とどう違うんだ?

 

うーん、

「ありのまま」と「わがまま」、、、

 

自分らしく

「ありのまま」に生きたいけど、

 

「わがまま」には

なりたくないしなぁ。

 

じゃあどうしたらいいんだ?

 

f:id:sanukichi22:20181011014416j:plain

 

 

そんな疑問を抱えた方に向けて、

この記事では

「ありのまま」と「わがまま」の違いについて

 

最後まで読んで頂くと、

その悩みを解決頂ける

内容になっております。

 

なぜ、「ありのまま」と「わがまま」は似ているのか 

 

実は「ありのまま」と「わがまま」には

絶対的な共通点があります。

 

「ありのまま」と「わがまま」の共通点

 

「ありのまま」と「わがまま」には

「自分の意見や考えを相手に対して主張する」

という共通点があります。

 

f:id:sanukichi22:20181011014651j:plain

 

そうは言っても、

共通点はありますが

実は、違った部分も

たくさん含まれています。

 

「ありのまま」と「わがまま」の相違点

 

ここからは

私の見解となりますが、

 

「ありのまま」は

自分の内から溢れ出る事を

自分の責任によって

行動に移す事で自分を満たす。

 

「わがまま」は

自分以外の人や外的要因によって

自分を満たそうとする。

 

f:id:sanukichi22:20181011020918j:plain

 

「ありのまま」は

自分はどんな自分でもオッケー!と

自己肯定ができている。

 

そして、

第3者に対しても

あなたはどんなあなたでもオッケーだよ!と

他者肯定ができている。

 

f:id:sanukichi22:20181011020114j:plain

 

「わがまま」は

自分の嫌いな部分は受け入れない。

 

第3者に対しても

あなたのここが嫌い!と受け入れない。

 

f:id:sanukichi22:20181011020631j:plain

 

 

「ありのまま」は

人を惹きつけ好かれる。

 

「わがまま」は

人から煙たがられ嫌われる。

 

ここまでで

「ありのまま」と「わがまま」の違いについて

 

イメージいただけたかと思います。

 

 

最も大きい相違点は

 

外的要因によって

自分を満たそうとするか

 

内的要因で

自分を満たそうとするか。

 

なので「ありのまま」は

相手をコントロールしたり

支配しようとすることはしません。

 

周りからどんな反応をされても

自分が好きなこと

自分で決めたことをやっているから

とーっても幸せ!!

 

f:id:sanukichi22:20181011020716j:plain

 

こんな感じ。

 

自分はこう思ってるし

こうしたいし

〇〇だし

という風に自分自身を受け入れています。

 

自分はこういう人間である!

でも周りはこういう風に思っているのね。

と自分を客観的に観ることができています。

 

そして「わがまま」は

周りの反応を非常に気にし、

できるのであれば

コントロールしようとします。

 

f:id:sanukichi22:20181011014730j:plain

 

自分の立場を客観的に観る事は

もちろんできていません。

 

そして、

思うような結果が得られなければ

不機嫌になります。

 

そして結果的に

人から嫌われていく・・・ 

 

このように

「ありのまま」と「わがまま」は

似ているようで

全然違うものなんです。

 

自分らしく生きていくには

まずは

自分自身をあるがまま認める事です。

 

好きな部分だけではなく

見たくない部分や

嫌いで嫌な部分を認める。

 

これについては、

嫌いな部分を好きになるように

努力するという意味ではなく、

 

自分ってこういうところもあるよねー!

 

 

という風に

良い・悪いのジャッジをせずに

ただただ認識するというイメージ。

 

ここから

「ありのまま」への道が始まります。

 

f:id:sanukichi22:20181017130950j:plain

 

これができるようになると、

今まで、世間の常識やルールによって

こうでなければならないと思って

蓋をしていた

 

自分自身の感情に

気がつけるようになってきます。

 

今までは

自分の気持ち < 世間の常識やルール

だったのが、

 

自分の気持ち > 世間の常識やルール

 

というように

自分自身の気持ちを

大切にできるようになります。

 

f:id:sanukichi22:20181017131020j:plain

 

とは言っても、これでは

「ありのまま」というよりは

「わがまま」ではないのかと

思われたかもしれません。

 

自分自身を認めれるようになると

 

自分自身のあるがままを認められると

他の人のあるがままも

認められるようになります。

 

f:id:sanukichi22:20181011020114j:plain

 

あなたはそういう考えなんですね。

 

この一言で片がつきます。

 

わがままは

自分のやりたいことをしても

自分で責任はとらず

 

他人にもその行為を認めさせようとしたり、

他人にもそれを強制させようとします。

 

「ありのまま」は

自分の気持ちや感情を素直にあるがまま認め、

自分で責任をとり、

 

他人にその行為を認めさせようとしたり、

強制させることはありません。

 

「ありのまま」を生き始めると

今までとは違い

世間や常識とは違った

自分がでてくることもあり、

 

そこで悩む人も

でてくるかと思います。

 

でも、

物事に良い・悪いはありません。

 

自分らしくありのまま生き始めると

あなたが変わったことに対し

友人や周りの人から非難されることも

あるかもしれません。

 

それすらもあるがまま認め

自分が感じた事を素直に表現して

伝えてみる。

 

そこには相手を説得させたい!とか

たとえ、わかってもらえなかったとしても

 

なんでわかってくれないいんだ!

 

あいつは間違っている!

というような想いはなく、

 

ただ自分らしく

「ありのまま」生きることができて

幸せだなーという

実感が得られることでしょう。

 

f:id:sanukichi22:20181017131452j:plain

 

最後まで読んでいただきまして

ありがとうございました。

 

さぬきち(^^)